リサーン・アスフールスープ

アッサラーム・アレイコム
アラブ料理研究家のファラウラです。

リサーン・アスフールとは、アラビア語で【すずめの舌】。
すずめの舌のスープ!!! 
すずめの舌のように小さいお米型のパスタです。
ほんとにすずめの舌を引っこ抜いてるわけではありませんよ。想像しただけでかわいそう…
舌切り雀のお話を思い出してしまいました。
でも、牛タンはおいしく頂くし、矛盾してますけどね。

エジプトでとてもポピュラーなこのスープ、色んなところで飲み、たくさん習いました。
トマトが入っているもの、入ってないものなど、バリエーションがあります。

その中で、ファラウラがとても気に入っているレシピをご紹介します。
カイロではなく、バハレイヤの田舎で住んでいた時に、まだ高校生の可愛いAちゃんが、どうしてもファラウラにリサーン・アスフールスープを教えたいと、作ってくれた思い出の味になります。

※リサーン・アスフール(パスタ)は日本で簡単には買えないので(新大久保にはあるかもしれません)、リゾーニや、オルゾーなど、お米の形のようなパスタで代用して下さいね。

شوربة لسان العصفور


材料

リサーン・アスフール(パスタ)  1/4カップ
バター              大1
サラダ油             小1
トマト              1個
トマトペースト          大1
水                500ml
コンソメ             2個
ローリエ             1枚
カルダモン(粒)         2粒
黒こしょう            少々
ライムかレモン          適量

作り方

  1. お鍋にバターでリサーン・アスフールをきつね色になるまで炒める。
  2. トマトペーストを入れて少し炒める。
  3. 水、コンソメ、ローリエ、カルダモン(粒)を入れて、トマトをすりおろす(皮は残す)。
  4. リサーン・アスフールが柔らかくなるまでしばらく煮て、黒こしょうで味を整える。
  5. 器に盛り、ライムかレモンをギュッと絞る。
リサーン・アスフール
リサーン・アスフールがなければ、似たお米型のパスタを使って下さい。

ファラウラがまだエジプトに行きたての頃に習い、美味しいし、ぜひ自分でもすぐ作りたかった時、何でかは忘れたけど、たまたまそこまで知り合いでもないエジプト人の家に行き、
「リサーン・アスフールスープ作れるで」と言ったら、「嘘だ、嘘だ~」と言われ、
じゃあ、今から作るわとキッチンを借りて作ったんです。
なんと!!嬉しいことにそのエジプト人が絶賛してくれました。
ママのより好きかもとまで言われ、まぁそれはお世辞でしょうけど(笑)
そんなエピソードも思い出したスープです。

簡単なので、ぜひ作ってみて下さいね。