ザータル(中東のミックススパイス)

アッサラーム・アレイコム
アラブ料理のレシピをお届けします♪
アラブ料理研究家のファラウラです。

【ザータル】という中東のミックスハーブ・スパイスについてです。

ザータル زعتر とは、アラビア語で『(ハーブの)タイム』のことです。


そして、乾燥タイム、スマック、白ゴマで作られる、ミックスハーブ・スパイスも、
「ザータル」といいます。


ヨルダン、レバノン、シリア、パレスチナなど、多くのアラブ・中東諸国でメジャーなミックスハーブ・スパイスです。

【材料】

乾燥タイム      大2
スマック         大1  
白ゴマ           大1
塩               小 1/8

【作り方】

①タイム、スマック、白ごまをフライパンで乾煎りします。

②塩を加えてまぜる。

☆冷めたら保存容器に入れ、1か月保存できます。
食べる前に、使う分量だけオリーブオイルで和えます。

左から
ノーマルザータル
ロイヤルザータル(ひよこ豆の粉入り)
パレスチナザータル

【スマック】は、ウルシ科の赤く酸っぱい実を乾燥させて粉にしたものです。
味的には日本の『ゆかり』に似ています。


新大久保のハラールショップ、代々木上原モスクのハラールショップ、イランやトルコ食材店で手に入ります。

オリーブオイルで和えたザータルは、パンにつけて食べたり、チキンに塗って焼いても美味しいです。お好みのザータル使いを試してみて下さいね。

【マナーキーシュ】
ザータルをオリーブオイルで和え、パンに塗って焼いたもの

マナーキーシュ مناقيش

簡単に作ることができます。

ザータル入りクロワッサン(ヨルダンの売店にて)
パン生地にザータルが練りこんでいて、ほどよい塩加減で美味しかったです。
小腹が減ったときにいい感じでした。

ヨルダンで滞在していたホテルのロビーに、ウェルカムシャーイ(紅茶)と、ウェルカムザータル&ホブズ(アラブのピタパン)がありました。
お国柄だな~と嬉しくて、さっそく頂いて味見したことを思い出しました。

アラブを感じるザータル、ぜひ試してみて下さいね。