オルアース(里芋と小松菜のスープ)

アッサラーム・アレイコム
アラブ料理のレシピをお届けします♪
アラブ料理研究家のファラウラです。

オルアースは、エジプト料理で里芋(タロイモ)と小松菜のスープ。 
オルアースはアラビア語のエジプト方言で、本来の読み方はコルカース。里芋(タロイモ)という意味です。


現地では小松菜の葉っぱの部分のみで作りますが、ここでは茎の部分もくまなく使って作ります。
小松菜メインと思いきや、料理名にもあるように、あくまでも【里芋】が主役。
エジプト・アレキサンドリアのオルアースは、里芋をトマトで煮込む料理になります。

エジプトで見た里芋は日本の物よりも大きくて、中身が少しピンクがかったものをよく見ました。

牛肉と一緒に煮込む場合もあります。

見た目は地味ですが、優しくてほっこりした味わいのスープ、かつてアラブカフェで出していた時に、「このスープ、本当に美味しくて作り方を知りたい」と多くの方に言って頂きました。
ぜひ試してみて欲しい一品です。

シャーレイヤごはん(エジプトのパスタ入りごはん)と一緒に食べると美味しいのでぜひ一緒に作ってみて下さい。
シャーレイヤごはんのレシピはこちら↓

オルアース قلقاس

材料

小松菜         1袋
里芋        4~5個(約250g)
バター         大1
にんにく        2片      
コリアンダーパウダー  大1

玉ねぎ         1/2個
バター         大1
小松菜汁 + 水    600ml
コンソメ        2個

作り方

  1. 小松菜をよく洗い、ざく切りにして、ミキサーに1カップの水(分量外)を入れてよくまわす。
  2. 1をボウルの上にザルを置き、小松菜のかすと水分に分ける。
  3. かすに残っている水分をヘラなどでよく押さえつけ、出来るだけ水分をなくす。
  4. フライパンに、バター(大1)、にんにくみじん切り、コリアンダーパウダーを入れて炒め、3の小松菜のカスを入れて黒っぽくなるまでしっかり炒める。
  5. 里芋は1.5㎝角に切る。
  6. お鍋にバター(大1)を熱し、玉ねぎのみじん切りに塩ひとつまみ(分量外)をしてよく炒め、小松菜の汁と水を合わせたもの600ml、コンソメを入れて沸かし、5を入れて、里芋が柔らかくなるまで30分~煮込む。
  7. 6に、4で炒めたものを入れ、さっと煮込む。
オルアースとシャーレイヤごはん