カリフラワーのスパイスフライ [スマックが決め手 !]

アッサラーム・アレイコム
アラブ料理のレシピをお届けします♪
アラブ料理研究家のファラウラです。


作り方はものすごく簡単で、何個でも食べたくなるカリフラワーのスパイスフライ。
カリフラワーの概念が変わる、はずです(^^)

スマックは、アラブではシャーム地方でよく使われていて、パレスチナではスマックをどっさり使った【ムサッハン】という料理があります。また、イラクや中東のトルコでもよく使われます。

スマックとは、うるし科の実を乾燥させて粉にしたスパイスです。
色は赤紫で酸味があり、日本のもので言えば、シソの「ゆかり」に似て、梅干しのような味。


少し粗挽きなフレーク状で濃い赤紫、イラン産の物もありますが、もっとパウダー状で色も薄め、味わいが違います。

カリフラワーのスパイスフライ قرنبيط مقلي

材料

カリフラワー      1房
小麦粉         100g~
ベーキングパウダー   少々
卵           1個~
スマック        小2.5~
パプリカパウダー    小2~
チリパウダー      適量
水           160ml~
サラダ油        適量

もっとお手軽に作るには

市販の天ぷら粉に、スパイス、水を入れて衣を作って下さい。
失敗なしでカラッとサクッと仕上がります。

作り方

  1. カリフラワーは小房に分け、2分さっと茹でる。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、卵(天ぷら粉ならそれだけでOKです)、スマック、パプリカパウダー、チリパウダーを混ぜて水で溶き、衣を作る。
  3. 1に2をしっかりつけ、カラッとなるまでサラダ油で揚げる。

    ※食べる時に塩(分量外)をつけて頂きます。
    ピンクソルトや岩塩がよく合います。

スマックってどんな見た目のスパイス?

スマックの実

子供のころは茹でたカリフラワーにオーロラソースをかけたサラダが苦手でしたが、エジプトでこのフライに出会ってから、カリフラワーが大好きになりました。

ファラウラがエジプトのバハレイヤ・オアシスでパパ、ママ、11人兄妹たちと住んでいた頃、いつもパパが顔より大きいカリフラワーをたくさん買ってきて、ママや姉妹たちがよく作ってくれた思い出の一品です。

アラブ料理教室ファラウラでも、大人気のカリフラワーのスパイスフライ、ぜひ作ってみて下さいね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Barabu トルコの定番スパイス スマック 250g – Barabu Sumac 250g
価格:870円(税込、送料別) (2020/5/14時点)